当初インターネットは研究機関等でしか利用されていませんでしたが、現在は日常生活に密着した存在になりました。

インターネットで利用できる銀行に注目です。
インターネットで利用できる銀行に注目です。

インターネットの説明と歴史

今や世界中の人に利用されているインターネットという言葉の意味は「複数のネットワークを相互に接続したネットワーク」ですが、現在の日本では固有名詞として使用される事が多いです。またネットワークやネットワークシステムと言う意味でも使われます。

インターネットには特定の責任主体はなく、接続している組織がそれぞれのネットワークを管理するシステムになっています。一つの組織やネットワークが全体を管理しているのではないのです。昔はインターネットの接続が難しく大学や企業、研究機関でしか利用されていませんでしたが、その後接続コストの削減等が実現し一般家庭でも利用できる程爆発的に普及しました。インターネットの普及により掲示板やSNS等の新しい形のコミニュティやコミニュケーションの方法が生まれ、日常生活に大きな影響をもたらしました。また携帯電話からインターネットへの接続も一般化し、低料金で誰でも利用できるものへと変化しました。商用のインターネット利用は1980年代後半からとまだ歴史が浅く、1990年代末期までは低速なダイヤルアップ接続が一般的でした。ダイヤルアップ接続では従量制の課金が多く見られましたが、2000年代になると定額で利用できるブロードバンド接続が普及しました。

Copyright (C)2017インターネットで利用できる銀行に注目です。.All rights reserved.